2012年08月26日

ただいま〜

ヾ(〃゚ω゚)ノタダィマ☆


東京に戻ってきました。留守の間、ゆずと檸檬を預かっていただきありがとうございました。スマホから時々、ブログを覗かせていただき、レモンが私の帰ったあと、玄関で立っている姿の写真をみると健気なワンコの思いを改めて知り切なくなりました。

両方のお家ではとても良くしていただきなんか可愛さが増したような(^^)
そして、そして昨日あった里親会で沢山のご支援品をいただきありがとうございました。預かりがいないのに、檸檬とゆずにとフ-ド、おやつ、トイレシート、使い捨てのタオル、おもちゃと数え切れないほどの物と、何より嬉しかったのは、お手紙が添えてあり暖かい気持ちが伝わってきました。

CA9ZAEEO.jpg

CA97CCSP.jpg

CAWKZW6G.jpg


ゆず、れもん、仮ママ帰ってきたよ(^^)
皆に良くしてもらってよかったね。
CAQ1YGTM.jpg

CAS146BE.jpg


そして・・・
凄くお利口さんに新幹線に載って京都まで往復したメロンとみかんは疲れて今日はずっと眠っていました。
今日は、レモンとみかんのめている場所が何故か反対ですが( ´∀`)
CAIO3BYP.jpg



帰省の様子を少し・・・
約5年前に脳梗塞で倒れた母、右半身麻痺と痴呆が重なり自分の年が何歳かわからなくなりました。ちょうど脳梗塞で母が倒れたのと同時期に、同じ敷地内の別棟に住んでいた弟もある病気が発病・・・
頼る若い手もなく、父が病院通いをし、頑張ってきました。
離れて住む私も、メロンとチェリ-をカートに乗せ、時々、保護犬も許可をいただき一緒に連れて行き1年に何度か京都と東京を往復しました。
「京都に帰っていました(^^)」
というと
「良いですね〜〜帰省先が素敵なところで・・・」
と良く言われました。
でも、帰っても誰と会うでもなく、友達から
「会って食事でも・・・」
と言われても時間が作れず、お世話になっている施設に母を迎えに行き、家に帰りたいと願う母の思いを叶えるためにずっと付き添って・・・
倒れたあと、何も食べられない日が続いた母でしたが、今は、体重が元に戻り60キロオ-バ-のコロコロ、自分でご飯も食べられるようになったのですが、歩けなくて車椅子のお世話になっています。

そんな母を気遣い施設に通う父も80歳を超えました。
2人とも年をとり、今回の帰省は考えさせることが多かった様に感じます。
初めて父が「帰ってきてほしい・・・」と・・・
無理だと分かっていても口に出た言葉でした。

そんな両親に笑顔をたくさん与えたのが、一緒に帰省した娘とチビちゃんでした。
広いお家の中をウロウロ笑顔で歩き回りどこに出かけるでもなく、近くのス-パ-に一緒にお買いものに行き、緑の多い公園にお散歩に行き、蚊にたくさんかまれ(蚊に刺される事をかまれるといいます)お庭でプ-ルをし、花火を楽しみ過ごしました。
そこには沢山の笑顔があり、少し元気になった弟の笑顔もありました。

CAB9XRFU.jpg

CA6ZZQD6.jpg

CAN1QPP9.jpg

CARKZ5SV.jpg


時の流れが家族の形を変えます
でも、集えば笑顔があふれる家族は私の自慢です
この笑顔を守りたい・・・
又、ひとつ夢が持てました。


頑張らないと・・・
私が守らないと・・・






檸檬君、ゆず君は、Happy Pawsの保護犬です。
ここ→  http://happy-paws.main.jp/jyoto/jyouto.htmlに記載されている事を読んでいただき、同意されましたら→ここhttp://ws.formzu.net/fgen/S30507671/のアンケ-トホ−ムからお見合いのお申し込みをして下さい。
申し込みを頂いた方に改めて、仮ママより、メ-ルか電話にてご連絡をさせていただきます。

申し込む前に、色々質問等ありましたら、ブログにメッセージを頂ければと(^^)承認制になっていますので、「未承認でお願いします。」と書いていただければ未承認のまま対応させていただきます。

よろしくお願いします。

posted by cherrymama at 21:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする