2012年11月06日

オフ会の御礼(^^)

411_IMG_6255.jpg


晴天に恵まれ、沢山の方に参加していただき、本当に幸せな時間をありがとうございました。
里親様に連れられたワンコは皆ピカピカで本当に愛らしく幸せなお顔でたまらなく嬉しかったです。

187_IMG_6013.jpg

DSC04558.jpg


オフ会の写真を眺めていたらいつの間にか1日が過ぎてしまい、お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。皆様のご参加が、私たちの活動の背中を押してくれます。
幸せになった沢山のワンコをみていると、小さな悩みや、時々不安がよぎる思いが吹き飛んでしまいました。迷いなく、今後も活動を続けていける勇気をいただきました。
本当にありがとうございました。



我が家の卒業犬は、ラルフ君(マンゴ-君)、フィッグ君、サリーちゃん、ルーク君(グレープ君)、そして亡きケビン君ご家族、が参加してくださいました。


ラルフ君ご家族とは2年ぶりの再開(^^)
譲渡の時、30代の若いご夫婦なので赤ちゃんのことをお聞きしたとき、ママがうつむいてパパが、
「欲しかったのですが、恵まれなくて・・・」
とお話をしてくださいました。
その2人の様子を見て、とんでもないことを聞いてしまったと後悔したのを昨日の様に覚えています。その後、譲渡から3年経った去年の夏に、
「女の子に恵まれました」
とお知らせをもらい、一人で大きな声で「バンザ〜〜〜〜〜〜イ!!」と叫びました。
れあちゃんを囲んでパパとママの笑顔があり、そんな家族にラルフくんが寄り添って本当に優しい穏やかな時が流れていました。
ラルフくんは、もう、私のことは忘れていたようですが、元気な様子に会えて本当に嬉しかったです。攻撃性のない人間大好きのわんこなので、れあちゃんともうまくやってくれている様子をお聞きし、嬉しかったです。ありがとうございました。
又、お会いできる日を楽しみにしています。

CANYW7VM.jpg

CARL4E91.jpg


朝1番に、来てくださったのがルーク君ご家族、ママに抱っこされてキョロキョロした表情はまだまだ若くて好奇心いっぱいの様子、ドックランでメロンとご挨拶をして、元気に走りまわっていました。
娘が、自分の家からもってきたシートの上で毛布を持って座っていると何度もクンクン臭できて、毛布の上で寛いでいたと(^^)
臭いをおぼえていたようで、
「ここ、前の僕の家だったのかも〜〜」
なんておもっていたのかな〜〜(^^)
同じ場所に繋がれていたところを保護された、ニンニン君やカノンちゃんにも再開しご対面(^^)ずっとつかず離れず一緒に過ごしていたようでした。
又、元気なルークくんに会えるのを楽しみにしています。

066_IMG_5878.jpg

4800c9f6694d255b45fcf2e2da99e4777101870c.jpg


そして、フィッグ君がママと一緒に登場、いつもいつも会の活動を見守り、陰で支えてくれるママです。会うたびに尻尾をブンブン振って、我が家のワンコのようについて歩いてくれます(^^)
それが可愛くて嬉しくて・・・
周りの皆さんに、
「このこ、噛み犬で、私、病院で点滴治療してもらうほど大変なわんこだったんですよ」
と話すと、皆さん驚かれます。
そんな面影もまったくなく、本当に穏やかになりました。
ママが一生懸命トラウマと向き合ってくださったおかげだと感謝しています。
いっぱい遊んだあと、ママが、
お世話になったメロンちゃんへと可愛いベットをプレゼントしてくれました。
・・・・しかし・・・・みかんが曝睡(笑)
465_IMG_6323.jpg

CA6641N7.jpg



遠く静岡からは、サリーちゃんがママとパパと一緒に参加してくれました。
あんなに甘えん坊で、仮ママ命!!だったサリーちゃんですが、すっかり私のことなど忘れ、ランでパパとママを見失ったときは、必死になって捜していました。
大きなトラウマを持つサリーちゃんを迎えて下さり、ご苦労も多く、本当にありがたく思っています。今でも一生懸命サリ-ちゃんと向き合い、頑張ってくださっています。
どうしても男の人へのガウガウが良くならず、我が家にいるときも必死になって訓練をしていたのですが、仮ママと言う立場に甘え、中途半端な形で譲渡してしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。躾に関しては頼りない預かりで・・・
オフ会では、ハピポの訓練士さん直々にご指導を仰ぎ、パパもママもサリ-ちゃんにこれから何をしてあげると良いのかを一生懸命考えて下さいました。
私もこれから先、何か力になることがあれば・・・そんな風に思っています。
又、お会いできる日を楽しみに(^^)

P12201270216.JPG

P12201280217.JPG



そして最後に亡きケビン君ご家族(^^)
「( ノ゚Д゚)こんにちは(^^)」
と変わらない笑顔のママ、体調を崩され心配していましたが元気に再会でき凄く嬉しかったです。そして、メアリーちゃんとギルク君を連れていつも優しい笑顔のパパ、この2人に見守られ、犬生最後の1年半、幸せいっぱいの毎日をケビン君は過ごすことができました。
ケビンくんが繋いでくれた絆、大切に大切にこれからもできればと思っています。
ケビン君の弟分のギルク君、ランで元気に走り回って遊んでいました。ケビンくんと良く似ているので虹の橋からケビンくんが元気になって戻ってきてくれたような感じで、凄く嬉しかったです。

DSC04726.jpg

P12200840175.JPG



本当に本当にありがとうございました。
私は預からせていただいたワンコに背中を押してもらっているんだと改めて感じました。

そして・・・
こんなお写真もいただきました。

CAW1918Z.jpg

チェリーが去年、ランで遊んでいた写真です。
「誰の家のワンコかわからなくて・・・今日になってしまいました。ちぇりままさんのお家のワンコだったんですね」と・・・
涙をこらえるのが精一杯で・・・
素敵な思い出をありがとうございました。


今回参加できなかったワンも含め、すべてのワンコへ(^^)



幸せ色で埋まった日に
そっと涙を流しました
嬉しくて、ちょっぴり寂しくて

あなたに出会えてなかったら
私はこんなにも笑えなかった
あなたと出会えたから
涙も忘れずにいられた

大丈夫
一人じゃない

たくさんの幸せ色が集まって
それが虹色になり
笑顔に変り
青い空へと帰っていく・・・

夜は星となり
昼間は青空となり
朝夕は赤い光へと変り
ずっと見守ってくれる

何よりも大切にしたい、していきたい
今日の出会い
ありがとう
又、会いましょう
元気で笑顔で(^^)



我が家の愛息のメロンもみかんもママの知らないところでこんなに楽しそうにあそんでいました。お声をかけてくださった皆様ありがとうございました。
DSC04531.jpg

P12109990094.JPG

DSC04518.jpg



posted by cherrymama at 00:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | Happy Paws | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする