2020年09月30日

退院10日目

退院して10日がたちました。

その日によって体調に浮き沈みがまだまだありますが、体は少し動くようになってきました。
手術でお腹のリンパを沢山とったので、なんとなく、朝起きた時に顔や手などにむくみを感じます。これが今後の私の当たり前なのか、それとも異常なのかがわかりません。リンパ浮腫外来というものがあり、それに定期的にお世話にならなくてはいけないようです。
リンパの浮腫を予防するために、ストッキングを作らないとだめなのですが、それがスタンダードなもので1足7000円から8000円ぐらいかかるそうです。5足580円では駄目みたいです(笑)
手術をする前は知識として術後、こーなるんだ、あーなるんだ、と思っていましたが実際なってみると予想以上に大変です。
元の生活に戻れるのは半年ぐらいかかります、と言われていたのを実感として感じます。
早く、預かり活動も再開したいのですが、「命を守る」と言う責任を考えるとまだ、もう少し時間が必要かな??と感じます。

手術前に、個人保護をしたMIXのゆうた君とマルチーズのまこと君(元けいすけ)、素敵な家族に巡り合い幸せに過ごしています。
ゆうた君は、先住犬のがくちゃんと元気に走り回っています。パパさんが、YouTubeチャンネルをもっておられますので、もしよければ皆さんも視聴してみて下さい。ここです→https://youtu.be/XmEFeBhyp1g

写真
ゆうた君
1600299827082.jpg


1597410455460.jpg


1601396822737.jpg



まこと君

1601396773134.jpg


1601396755602.jpg



両ワンコは、卒業ワンコのママさんパパさんのお力を借りて縁が繋がりました。

そして預かりっ子だった、しゅりちゃん、ふるーる(華)ちゃん、同じ里親様の元で良くしていただいています。
しゅりちゃんが、目の見えないふるーるちゃんを優しく見守り、共存している姿は感動的です。

1600299737817.jpg



ふるーるちゃんの皮膚のケアも、獣医さんの指導を受けて、本格的に取り組んでくださっています。
体の中からの物ではなくやはり、外的な環境によって起こっているものだそうです。
どんな酷い環境にいたんだろうと思います。
薬浴を中心にケアをして下さるそうです。痒くてなめて自分で自分の皮膚を傷つけてしまうので、まず、それを防ぐため、カラーは外せない、でも、痒いのがおさまればもっともっと穏やかに楽しく過ごせる、ふるーるちゃん頑張れ!!そして、里親様どうかよろしくお願いします。


さて我が家のカリンとリアンですが、
安心して我が家の自分のベットで眠っている姿をみていると、元気でいないとな〜〜と実感しています。


KIMG0744.JPG


KIMG0745.JPG




そして、今回の入院を通じて息子や娘が、一生懸命私の大切にしているワンコたちを守ってくれた事に感謝しています。母としてただただ子どもの幸せを思い、迷惑をかけないようにと気を張って生きてきたけど、娘が、まだまだ親孝行させてほしい、と言ってくれた事、息子が入院生活を支えてくれたこと、苦労が多かったけれど、頑張って子育てをしてきて良かったと思いました。
親として心配することが多かったけれど、今回の入院生活の中でほんの少し母としての役割が軽くなったような気がします。


まだまだ、自分のイメージとは程遠い回復ですが、時間をかけて心と体を再生していかなくてはならないと思いました。

学校への復帰は、もう少し時間をいただくことになりました。
生徒さんには申し訳ないですが、今回の自分自身の体験を通じて生徒さんには、癌と闘う人の生の思いを伝えることができればと思っています。



最後に・・・・
悲しいお知らせを2つ、

私が手術をする前日の9月8日早朝に、ミルクちゃん(仮名アグリ)が虹の橋へ旅立ちました。
初めてワンコを迎えたご家族の悲しみは深く、特に、パパさんが改めてミルクちゃんの存在の大きさを実感されています。そんな中、
「少し落ち着いたら、又、犬を家族に迎えたいと思います。ペットショップからの選択は我が家にはありませんのでその時は又、よろしくお願いします」
と・・・こうやって保護犬への理解を深め、又、時期がきたら、ミルクちゃんが空けてくれた場所を他の保護犬のためにと考えて下さっていることに感謝します。ありがとうございました。

1529288729756 (2).jpg


そしてもう一つ、
9月25日、グラちゃん(仮名グラッセ)が虹の橋に旅立ちました。
入院中、犬のALSかもしれないと、ママさんと色々やり取りをしていた矢先の訃報でした。
予想以上に消化器官の衰えが進んでいて、突然の旅立ちでした。
ママさんが
「私は、又、ワンコを飼いたいと思っているので大丈夫です・・・」
と言って下さり、私の方が励まされました。元気な時、ママさんのリュックの中に入り、一緒に通勤し同伴出勤をしていたグラちゃん、いつも明るく尻尾を振って沢山の人に愛されたワンコでした。
ママさん、ありがとうございました。

1597926311258.jpg



訃報を聞くたびに、寂しさが襲い、涙が出ますが、最後に素敵な「人」と出会い見守られ旅立つことができた事、そして、そのワンコの存在を決して忘れることのない「家族」ができた事に感謝することができます。勿論、私も忘れません。

保護活動を通じて出会ったすべての人々に感謝します。
ありがとうございます。
そして今後とも、よろしくお願いします。
posted by cherrymama at 11:02 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月22日

ありがとう

無事に退院してきました。
私以外になつかなかったリアンが、娘とお嫁ちゃんに尻尾を振って喜んで近寄る様になりました。
皆さんに可愛がってもらい、人に対しての警戒もなくなり無邪気に遊んでいます。
ホッとしました。

1600724152167.jpg

メロンと遊んでいる娘を思い出しました。娘が、メロンがいるような気がすると・・・・

カリンが甘えて側から離れません。こんなに長い間離れていたのが初めてで、ちゃんと無事に帰れて本当に良かったです。

1600775232581.jpg
カリン、お利口さんに待ってくれていてありがとう。

2週間前の今頃を考えると、まだ涙が出ます。辛くて恐怖でなんだか悔しくて・・・
乗り越えた喜びに変わると良いな、と思うけどまだまだ時間がかかりそうです。

いつの間にか虫の声が聴こえる季節になりましたね。
涼風が優しいです。

ありがとう。


posted by cherrymama at 20:59 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

退院の朝

おはようございます。
退院の日の朝です。
日常生活に戻る不安は沢山ありますが、カリンとリアンとの生活が待っているので前に進みたいと思います。

息子がブログを読んでくれました。
2-3日我慢することで、寿命が何年延びるか次第やね。
まぁけど、正直もう次はこんな大きな手術できんやろ。やっても、体力失って酷くなるだけやろうし。
あんまり、癌が広がってないと良いねぇ。

我慢は二三日だけじゃないからな、今も痛いし、次は、もう積極的治療はやらないつもりやから、
長生きはしたいし、しなあかんけど、手術と言う選択はないと思う。
ごめんな

息子
了解、

次はない、
今はそう思っています。

今回の細胞診断がどのような結果か、又、今後、どの様な治療が待っているのかまだ聞いてませんが、この癌はやっつける武器がまだ必要ならその武器を使ってやっつけたい・・・・・

でも、次新しく体に住みついた癌とは闘わず共存していこうと思う。

生き方と終わり方、
考えながら前に進んで行きます。

皆さん、ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。


posted by cherrymama at 07:24 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

人らしく生きる事

やっとベットの上で色々な事ができるようになってきました。
一応、今日の血液検査の結果が良ければ退院の日が見えてきます。

皆さんの応援は力になります・
本当にありがとうございます。


ワンコ以外の事ですが、ちょっと病気のことを私の記録として今日は書かせていただきます。

普通にご飯がたべられる、尿や便が普通に出る、ベットから起き上がれる・・・・
手術前当たり前にできていたことが9月9日の手術日を境に全くできなくなってしまう。この現実の厳しさは予想をはるかに超えた辛いものでした。
「大きな手術になります」「術後は集中治療室に入っていただきます」「手術時間は約7〜8時間になります」「お腹のリンパ腺も大きく切除します」・・・・・・・
手術前、色々な説明をたくさん聞きました。色々な情報をネットから仕入れ、自分なりに納得して手術することを決心して挑んだのですが、それがめちゃくちゃ甘かった事に気付いた時は、一人では何もできなくなってからです。
集中治療室で感じた腹部の痛み、痛み止めを入れてもらってても痛くて、口や喉が渇いているので訴えたくても声が出ない、ナースコールで看護師さんを呼んでも、「痛い!」と言葉を振り絞るのに精一杯、喉が渇いたことや、腰が痛くなってきたことまで訴えることさえできない、辛くて辛くてたまらなくてもどうにもならない。
意識がもうろうとした中で時計が目に入るところにある。意識を戻されてからこの時計の存在も過酷で、時間が経たない。我慢しても我慢しても時間が進まず、いつまでこの苦しみが続くのか、絶望が増す。
本当に辛かった。
こんな時間をとにかく我慢して我慢して過ごし24時間たった時、
「病室に帰りますよ」
「着替えますので少し体を起こしてください」
自分で動けるわけもなく、意識がもうろうとした中、着替えさせられる。
「ベットからおりますよ!」
「立てますか!」
立てるはずもなく、凄い吐き気が襲ってくる。
車いすに乗り、病室に移動、吐き気が何度も襲い苦しいのとお腹の傷に激痛が走る、冷や汗が出る・・・・
看護師さんの声が、もうろうとした中で聞こえる、
「お傷は痛いですか??」
「痛い・・・」
振り絞るように声を出す。
「10のうちどれくらい痛いですか??」
考えられない頭の中で
「8・・・」
と答える。
なぜ、8と言ったのかはよくわからないが、術後すぐの痛みよりはマシかな??と思ったからかな(笑)

術後3日目になってやっと意識が普通近くに戻る、
携帯の画面が眺められるようになる。
カリンとリアンの写真が応援メッセージと一緒にお嫁ちゃんから来ていた。
嬉しかった、
着信履歴・・・
学校から・・・
メールも学校から・・・
私の作ったオンデマンドの授業の承認ができていなかったと・・・
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
だから・・・
半分頭が働かないまま、暗証番号を送る・・・

夜、自然と涙が出てきた・・・
辛い・・・
「辛い」と言う字はもう少しで「幸せ」になる、と言われているがその幸せが遠いのを実感していた。
もう2度と嫌だ・・・

「生きることを努力しよう、シンプルに物事を考え悪いものがあるなら切除しよう」
そう考えて挑んだ手術だったけど、あんなに辛いことがあるならもう今度はやめよう・・・
今の、素直な私の気持ちです。

癌との闘い、
3回目の手術・・・
思い出しただけで涙が出てくる・・・

生きるために当たり前の選択かもしれないけれど今回の経験した辛さは、今後の私の人生の選択にもかかわってくると思った。

これから元気になるにつれて気持ちも変わるかもしれないけれど今の素直な気持ち・・・・
次は闘いたくない・・・・




2020年9月19日
入院生活11日目

闘いの証、
KIMG0736.JPG



posted by cherrymama at 10:22 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

オフ会中止のお知らせ

ハピポから残念なお知らせです。
11月8日に予定していました、卒オフ会が中止となりました。

ご理解のほどよろしくお願いします。




卒業犬ご家族の皆様へ

コロナ、長雨、豪雨、猛暑と暮らしにくい環境にありますが 皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨年11月の卒業犬オフ会で来年もお会いしましょうとお別れいたしましたのがつい先日のことのようです。あれから数ヶ月で事態は急変し、これまで想像もしたこともなかった一年となっています。

運営スタッフ一同、コロナの状況を見ながら卒業犬オフ会の開催の是非を考えてきましたが、現時点の状況では開催を見合わせるしかないという結論になりました。

本当に残念なことですが、寒くなると再び感染が広がるという予測もあり、リスク回避の止むを得ない決断とご理解いただければ幸いです。


                                    

                                        Happy power スタッフ一同より

posted by cherrymama at 17:52 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

1週間

手術から1週間、無事です。

メール、ライン、画像、メッセージ、コメント、沢山の元気玉、本当に皆様ありがとうございました。
術後、集中治療室でお世話になり病室に戻りました。
車いすに乗っただけで吐き気が襲い、沢山の管が体についていた自分、
熱が出たり、呼吸が安定しなかったりで厳しい毎日でした。

やっと今日、全部の管が外れました。
ちょっと色々な事ができるようになり、こうしてブログの更新も病室のベットの上からしています。

リアンとカリンは、息子のお嫁ちゃんになつき、元気に過ごしているようです。
朝晩のお散歩は、息子の家の近くに住むお嫁ちゃんのご両親に連れて行ってもらっているみたいで写真が来ています。
1600223797400~2.jpg
皆さんに可愛がっていただき、感謝です。

退院の目途がまだついてませんが、確実に前に進んでいる感覚がします。

生々しい手術の傷口を見ると、喪失感や虚しさもありますが少しは前に進んだかな??と思います。

お見舞いに頂いたお花の画像です。
1600070979652.jpg
綺麗だね〜〜と眺めながら秋のお散歩に出かけたいです。



同じ場所に戻れるように頑張りますので皆さん待っててくださいね(^^)


posted by cherrymama at 11:33 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

少しお休みかな⁉️

入院しました。
しばらくお休みします。
何日になるかな⁉️

なんか集中治療室に術後はしばらくいないとダメらしく、だんだん重病人になってきました。

KIMG0725~2.JPG

私、どうなるのかな、

リアンとカリンは無事に息子の家に行きました。
ちょっと長くなるけれどお利口さんにいられるのかな⁉️

KIMG0533.JPG

KIMG0537.JPG
カリン、リアン、ごめんね、

そして、
戻ってこれるように頑張ります。

今は不安しかないですが・・・・

posted by cherrymama at 15:59 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

カウントダウン

昨日から、プチ預かりでお家にいます。
KIMG0707.JPG

KIMG0704.JPG

KIMG0705.JPG

ちょっとおデブな女の子のチワワです。月曜日まで滞在予定です。
誰かさんのお膝にちょこんと座っています。男の人が好きなのかな⁉️
可愛です。


そして、
皆様にご心配をかけています。

戦う土俵(手術)にあがるまで後2日になりました。まだ腹をくくることができずo(><;)(;><)oジタバタしています。
時の流れが怖かったり、手術後の自分がどの様になるのか想像できず、眠れなかったり、逆に、この病気は戦う土俵に上がれる事で寛解に向かえるので
頑張ろう‼️と言う気持ちになったり、気分的にしんどい日々が続いています。

手術の詳細、約七時間の予定、腹部の一部の臓器とリンパ腺を取ります。
思いの外大きな手術になり戸惑っています。
病院の検査予定の一覧が、入院中の検査の詳細がアプリの中に記されています。その予定を見たとき、良かった、私には未来があるんだと思えました。

後2日と七時間弱、
時が止まれば良いのにな、今、元気だし痛くも痒くもないし、
このままの自分でいられたら、と何度思っても時間が流れ、いずれ手術をしなければ近い年月で人生が終わってしまう。
もう少し生きたいから、
ちゃんと戦おう、
でも私、何で癌に選ばれたんだろうな、
誰か教えてほしい、

posted by cherrymama at 17:17 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

続々続々卒業ワンコ

我が家のリビングには、虹の橋の住人のワンコの写真があります。
年月が経つと、写真がどんどん増えて行きますが、どのワンコも私の人生に輝きを与えてくれたワンコです。

KIMG0682.JPG
ゆず、
ざ保護ワンコの代表です。
状態の酷さも目をおおいたくなりましたが、犬としての無表情に驚きました。
新しい家族に見守られ穏やかな最後でした。

KIMG0683.JPG

キーウィ@ましゅ、
ブリーダー崩壊
沢山のチワワの中、最高齢13歳で保護、
優しいママ、お姉ちゃんの元で楽しく過ごせました。ありがとう

KIMG0684.JPG

サリー、
埼玉河川敷、大量遺棄のワンコです。
保護されたワンコは短命でしたが、サリーは一番長生きしてくれました。ありがとう

KIMG0685.JPG
続きは後で


日をまたいでの続きです。

プラム@月、
お申し込みは多かったのですが、三度お見合いをことわられました。
見かけは毛がスカスカ、人になつきにくい、
そんなありのままの姿を里親様は受け入れてくださいました。ありがとう

KIMG0687.JPG
ペピーノ@太陽
プラムちゃんの弟分として幸せな日々を過ごせました。てんかんがありケアをずっとして頂きました。ありがとう

KIMG0686.JPG

ポポ@カノン、
13歳の小さな良く吠えるマルチーズ、1回目の癌の手術のあと、自宅療養の時にお迎えに行きました。
旦那さんが亡くなった時に寄り添ってくれたワンコです。ありがとう

KIMG0688.JPG

ジョア、
我が家の預り最長ワンコです。
里親様は、ポポちゃんとジョア、二頭の大変なワンコを看取って下さいました。
ありがとう❤️

KIMG0689.JPG

てつ、
我が家みかんが亡くなった後、沢山の癒しをくれたワンコです。
雷が怖くて、なり始めると大騒ぎしていました。
優しいママに出会い、幸せな日々を過ごせました。
ありがとう

KIMG0690.JPG

続きは後で
又、日をまたぎました。

スダチ@なつめ君、
小さな可愛チワワです。
トリマーのママさんには沢山活動を助けて頂きました。優しい時間をありがとう❤️

KIMG0691.JPG

ラズベリー@そらくん
初の個人保護をしたワンコです。
私の妹家族になりました。
お口が出るワンコでしたが、家庭犬として共存し、幸せな日々を過ごせました。
ありがとう❤️

KIMG0693.JPG

アドちゃん
お散歩中、突然倒れて近所の掛かり付けに、飛び込んだワンコでした。肝臓の大半をとりましたが、優しいおじいちゃんに出会い、幸せな日々を過ごせました。ありがとう❤️

KIMG0694.JPG

グァバ@じっちゃん
全盲のチワワです。子ども達が大好きで、いっぱい抱っこをさせてくれたワンコです。
癒しをありがとう❤️
KIMG0695.JPG

ミント君、
明るくていつも尻尾フリフリ、平和な可愛ワンコです。
笑顔にさせてくれてありがとう❤️

KIMG0696.JPG

スイカ@梵天丸君
可愛トリマーのお姉ちゃんの相棒としていつも一緒に同伴出勤、お店の看板ワンコとして、沢山の方に愛されたワンコでした。ありがとう❤️

KIMG0697.JPG

くるみ@空ちゃん
譲渡して10年、長生きしてくれました。大切にして頂きました。アレルギーのあるワンコでしたがママさんのケアのおかげで穏やかな犬生でした。
ありがとう❤️

KIMG0698.JPG

ブルーベリー@ケビン君、
これが保護ワンコの実体、の見本のような酷い皮膚炎をおこしていました。
里親様の元でピカピカのワンコに変身、最後は幸せな犬生でした。
ありがとう❤️

KIMG0699.JPG

レモン
譲渡して半年で急死したワンコです。
里親様の悲しみは深く、私も辛くて預かりママの難しさを実感しました。
本当にごめんなさい、
今も忘れる事のない言葉、
「この子のためにも預かりを続けてください。」
里親様のこの言葉がなかったら、この時私は預りをやめていたと思います。
ありがとう❤️

KIMG0700.JPG

KIMG0708.JPG

いちご@マリオちゃん
腎盂炎の持病があるなかの譲渡、
ママさんの手作りご飯のおかげで長生きしてくれました。
ありがとう❤️


お空皆、楽しく過ごしているかな✨
会いたいな🎵
沢山の優しい生活をありがとうございました。

そして、元気で過ごしているのは承知していますが、
ポカちゃん、大和君、ポンタ君、大吉君、まち君、ライム君、海空君、りぼんちゃん
又、お写真送って下さいね(*^^*)
待っています。
長々とお付き合いありがとうございました。
写真の向き、変でごめんなさい🎵
posted by cherrymama at 08:37 | Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする