2020年活動していたHAPPY pauseが解散、 後、個人事業者として仕事で使っている屋号「保育・音楽研究会リアン」を使用し個人保護活動を開始、 現在は「保護団体リアン」のスタッフとして活動中。 初めての方、どうかよろしくお願いします。

2022年09月18日

治療三分の一

がん再発の治療は、順調に進んでいますが、体の調子がだんだんしんどくなってきました。

まず、通院、
抗がん剤を投与し始めてから、体がフワフワして、電車で立っていると冷や汗と震えが出るようになってきました。
吐き気は相変わらず続いていますが、なんとか踏ん張れています。

抗がん剤投与の後、
1つ分かったことは、抗がん剤の後、次の日は、点滴で体に入れた薬で体調が制御されているせいか、案外、体が楽ですが、3日目ぐらいになると本当に薬が身体に入っているという実感があります。手の強張り、体の震え、怠さ、等々、横になっているのが楽です。

放射線治療
副作用の下痢が突然襲ってきて、先週は大変でした。少し食べるのが怖くなりましたが、なんとかお薬で制御できているので・・・下痢止め1日2回服用しています。

月末に入院治療が待っています。
この癌にとどめとなる治療です。どうか効果がありますように・・・

同僚から、学校に姿がないのでラインが来ました。
返事に、

再発は残念ですが、仕方ない事なのでしっかり受け入れています
まだ根治できる段階で見つかったので、学校にお願いをして休職ではなく、治療による欠勤と言う形にさせていただいています。
体力がどこまで戻るか不安ですが頑張れる力は残っています。
こんな同僚もいると、見守っていただけると嬉しいです。


根治に向けて、
今の私にはこの子たちが頑張る糧になっています。
愛しいです、
頑張って、通院で乗り切りたい、
KIMG4219.JPG

KIMG4218.JPG

KIMG4229.JPG

KIMG4220~2.JPG

KIMG4223~2.JPG

KIMG4221.JPG

エリリが、しっかりたくさんご飯を食べてくれるようになってきました。
カリンのお腹の調子も、消火器サポートを混ぜ始めてから良くなってきました。
リアンは、相変わらずお子ちゃまで、天真爛漫で元気に過ごしています。

癌にはなりたくなかったけれど、癌にならないと感じない事も沢山おこっている
でも、やっぱり辛い、
甘えたい、
何もしたくない、
もう嫌だ・・・・

そんな感情が襲ってくる

葛藤の中の治療・・・
凛としたじぶんでいたい・・・
posted by cherrymama at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集