2017年02月19日

私事

長年私の書くつたないワンコブログを読んで下さっている方は、ちょうど4年半前、私が乳癌の手術をしたことをそれとな〜〜く知っておられると思います。
その時は「10日程ブログをお休みします」とだけ明言し、誰にも話さずに手術を受け(知っていたのは息子、娘、学校の上司、友人2人)何事もなかったように「ただいま〜〜」と元の日常に戻りました。
そししてその年の年末に初めて皆さんにこのブログとFacebookで乳癌の手術の事を話しました。その時に、何でちゃんと話してくれなかったの!!って沢山の人に叱られ、大変な事があったのに何も力になってあげることができなかったと言われました。
あの時は乳癌以上に大変な事が私の身におこっており(夫の余命宣告)こんなことでくたばってられない現実と、平気そうにしていることで、早くにパパを亡くす子どもたちに心配をかけたくないと懸命でした。寡黙になる事で自分の体の中でおこった不条理と闘っていました。
そして戦い抜けたのです。幸いリンパへの転移もなくステ−ジ2のAで術後の経過は順調でした。そして4年が経過しもう元気になったと・・・

それが・・・
今年の夏に受けた健康診断で新に又、癌がみつかりました。転移ではなく、新しい癌です。
場所は甲状腺、
まだ初期の小さな腫瘍ですが生検の結果、悪性と言う診断でした。

主治医から、まだ小さいので経過観察でもいいが、できるだけ早くとった方が良いと言われ、私もその診断に依存がなく、手術をすることにしました。
学校に迷惑をかけず、周りの皆の負担にならない時期・・・
3月1日
後、10日です。

昨日学校の今年度の授業がすべて終わり、春休みに入ったタイミングで・・・

今は、術後の自分が想像できず、何に頑張ればいいのかもわからず、凄くこわいです。
とにかく当面は1日1日元気で過ごすこと、と思っています。

皆さんに又、心配をおかけしますが、ジョアは私が退院してくるまで協力病院でお世話になり、良君、ココちゃんも他のお家への移動が決まっています。
今回はハピポの代表にも入院の事を話、その間の良君、ココちゃん、ジョア君の事をお願いしました。
「あまり、無理しないでくださいね、協力してくれるスタッフさんは沢山いるので、全て自分で〜〜はありえませんから、ハピポは団体なんですから(^^)」
って・・・ありがたかったです。

メロンとカリンは、娘と息子が協力して面倒をみてくれるそうで・・・
こっちの方が心配かな(笑)

やっぱり病気になるのは嫌ですね、
病気になってはじめてわかった事、
「生きるすべを奪われたくない」
ある人が、3月の春休みにある補講授業を代わってやってくれると言ってくれました。心から私の体を心配していってくれた言葉なのですが、病気になったうえ、生きがいまで奪われたら元気になろうという意欲が出てきません。ワンコの預かりも同じです。元気になったら又、良君やジョワ君の世話ができると思えるから病気と闘う力が湧いてくるのです。
メロンとカリンもほんの少し寂しい思いをさせるけど私の帰りをいつもいつも待ってくれているので
「ただいま〜〜〜」
と言って元気に帰れるように頑張りたいと思います。

そして今回は、退院後、2日目が卒業式、絶対に行く!!!
posted by cherrymama at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我が家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック