ワンコの里親探しのサイトに 「保育・音楽研究会リアン」が里親探しのお手伝いをしています と記載してあって????? 何これ???と思われた方がいっぱいあったと思います。 今まで活動していたHAPPY pauseが解散しましたので、今回は私が個人事業者として仕事で使っている屋号「保育・音楽研究会リアン」を使用し掲載させていただきました。 初めての方、どうかよろしくお願いします。

2021年04月06日

後見人や飼育方法について

てつ君に対して沢山のご応募ありがとうございます。

正直、ちょっと大変な状況になっています。
すべての申込者がそうではありませんが、中にはちょっと犬を家族に迎えるという事に関して、こちらの思いが伝わっていないまま申込される方がいらっしゃいます。

まず1つ目
このブログで発信しているてつ君のアレルギーに関してご理解がないまま申込されている方がほとんどです。
「アレルギーのスポットテストでは、鶏肉・鹿肉・米・玄米がpositigve でした。」
と記しています。つまり、何でも食べさせてOKではなく、上記の成分が入っている物はだめだという事です。今はサーモンフードを食べています。

2つ目
てつ君は今月10日で4歳になります。4歳と言うと人間年齢では思春期の元気な若者です。体重が9キロ以上あります。それなりに力も強く運動量も多いです。最低、朝・夕2回の1時間近いお散歩が必要です。引きも強く、きちんとてつ君をコントロールしていただく必要があります。しっかりと毎日お散歩に自分自身行けるかどうか、それが、10年近く続く(犬も年がとりますが)事を想像して下さい。

3つ目
後見人についてです。「てつ君を譲渡していただいてから決めます。」と言われた方がおられます。申し訳ありませんが後見人は申し込まれる前にその方と話し合っていただき、お見合いなどに同行していただけるかを確認してから申し込んでください。

4つ目
柴犬=外での飼育 と言う考えの方が多いようですが、外での飼育はNGとさせていただきます。
家族として、お家の中で一緒に過ごせる環境を作って下さい。

犬を迎えるという事は家も汚れます、お金もかかります、病気になったら9キロのワンコを介護しなくてはなりません、気軽に旅行へ出かけたり、仕事があるからと何日も家に置いておくことはできません。犬はわんわんと吠えます、9キロの柴犬の声はそれなりに大きいです。
その辺りもしっかりと考えてご応募いただきたいと思います。

勿論、申込いただいた方、すべてがそうではありませんが、もう少し衝動的に犬を迎える事を考えるのではなく今だけではなく、じっくりと自分の10年後をイメージして申し込みをしていただければ嬉しいです。


最近、コロナで家にいることが多くなった人々が、ペットショップに出向き犬を迎える方が多いそうです。
どうか皆さん、犬を家族に迎えるという事は命に責任を持つという事です。
どうかどうか、意識を高く持って素敵なライフスタイルを作って下さい。
1615292772615.jpg


てつ君、今日も元気です(^^)

posted by cherrymama at 09:24 | Comment(0) | 個人保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集