ワンコの里親探しのサイトに 「保育・音楽研究会リアン」が里親探しのお手伝いをしています と記載してあって????? 何これ???と思われた方がいっぱいあったと思います。 今まで活動していたHAPPY pauseが解散しましたので、今回は私が個人事業者として仕事で使っている屋号「保育・音楽研究会リアン」を使用し掲載させていただきました。 初めての方、どうかよろしくお願いします。

2021年08月01日

リオちゃんトライアル順調

暑中お見舞い申し上げます。
皆さん、お元気ですか⁉️
ワンコ達は元気ですか⁉️

リオちゃんトライアル順調です。

1627684334680.jpg

すっかり馴染んでいる様子です。
雷が怖いらしく、里親様からパニックをおこさない様に気を付けて過ごします、
と、ラインを頂きました。
犬は人より聴覚が優れているので、雷と花火の音、それと熱中症に気を付けて過ごしたいですね😃

我が家のリアンも雷や換気扇の音は怖い様子です。
先日の大雨と雷の時、

1627654353379.jpg

ソファーの下に隠れていました(笑)

今日はこの記事を紹介します。

動物病院であったおはなし
『ママー!!熱いよ!暑いよ!死んじゃうよっ!!』
熱中症
よくテレビで報道されます。
子供の車内での置き去りによる熱中症の死亡。畑で作業中の死亡。
人間だけじゃないですよ。

ある飼い主さんが
グッタリしたワンちゃんを布製の大きなキャリーケースに入れて連れて来ました。息はしてますが動くこともできません。
西東京市の端っこから…
今の時期の薄曇りの蒸し暑い午後でした。そのブラックのフレンチブルは
飼い主が日中連れて歩いてグッタリした事に気付き…近くの動物病院に行って処置をしてもらったようで…
その子の手にはトンボ針が刺して固定してありました。すぐに点滴か、投薬をしなきゃいけないからだと思います。その状況でなぜまた
私が務める病院まで来たのか…
いくら自宅のそばだとしても…です
詳細はわかりませんが、そこから連れて帰るなら身体を冷やして涼しい車で早急に戻るか…そのまま入院だとは思うのですが…
とにかく
その飼い主は、
下血をしているその子を血相を変えることなく連れて来て待合室に居ました。
「早くなんとかしてください!!!」
せめて そう言わなきゃ。
院長はできるだけの処置をして、入院させましたが…
後で聞くと、熱中症で下血(鮮血)している場合 ほとんど助からないと。

もちろん飼い主にはその事も伝えていました。

4歳〜5歳のその子は
その日のうちになく亡くなりました。
朝まで元気だったのに……
外じゃないとオシッコやウンチしないから。そういう子もたくさんいます。
でも…本当に注意してください。

☆炎天下の道路の表面温度
60度(水を蒔いても48度)

☆缶コーヒーの温度
50度〜60度

☆砂浜の表面温度
50度

☆パソコンが壊れる温度
60度

ある飼い主は 
自宅の庭で遊ばせていた老犬がグッタリしたので病院に連れて来ました。
もちろん熱中症です。
数日後 死亡したそうです。
人間は、外気温が40度になると
あちらこちらで死者が出ます。
ニュースにもなります。

犬は外が大好きです。
お散歩も大好きです。
ひとりで行くわけじゃないですよね

飼い主の無知は
大切な命を簡単になくしてしまいます。
肉球のやけども多いです。

お散歩も日陰なら大丈夫なんて思わないでください。
まず。地面を裸足か手のひらで触ってください。ずっと置いても熱くない事を確認してください。

地面に座ってみてください。
汗がダラダラ出るほど蒸していたりしませんか?
ワンコは全身でそれを感じています

暑いよ〜!
死んじゃうよー!
とは言いません。
暑いから歩かないって引っ張ったり引きずったりしている人も見かけます。

そんな人を見たら…
どうか教えてあげてください。

暑くて歩けないんですよ。
肉球がずるむけになりますよ。
やけどですよ。

どうか
どうか

そんな飼い主にはならないでください
たくさんの人に拡散してください。

知らないからではなく皆で知りましょう‼️
posted by cherrymama at 19:53 | Comment(0) | 個人保護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集